スポンサー広告 > ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 体験版感想
レビュー > ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 体験版感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 体験版感想

インレ『ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1-』


どもども今年はみやびんがメインヒロインの作品が多すぎて歓喜、歓喜のたぬたぬですよ。

今回インレから5月31日発売のChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1-の体験版レビューコンテストに応募したのでその内容を少しだけ紹介したいと思います。

また結構な長文のため読むのは面倒くさいと思いますがスミマセン・・・w

タイトル:ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1-
ブランド:インレ
ジャンル:燃え萌えサウンドノベル
原画:ぬい
シナリオ:葉山こよーて
体験版プレイ時間:10時間

ここから体験版レビューコンテストに応募したコピペです↓



今回ChuSingura 46+1 -忠臣蔵46+1-体験版をプレイしましたので感想を書きたいと思います。
また、このようなレビューを書くのは慣れていないため読みにくい文章になってしまうこともあるかと思いますがよろしくお願いします。

まず私がこの作品の体験版を知ったのは、私が声優の有栖川みや美さんの大ファンなためインターネットで調べていたら、この作品に大石内蔵助役で出演をしていることを知りどんな作品なのか気になり体験版をプレイしたのがきっかけです。


・感想(ストーリーなど)

2013y04m23d_153734720.jpg


私は忠臣蔵というのはドラマなどでタイトルは知ってはいましたが、実際には見たことは無いため話も詳しくは知らなかったのですが今回はあえて実際のお話を調べないでゲームをプレイしました。
まず主人公が現代から忠臣蔵の舞台にタイムスリップという設定。
この設定のゲームは意外と多いですが、ここで大事なのはタイムスリップした舞台をどこまでプレイする側が理解しのめり込むことができるかだと思います。今回で言えば、忠臣蔵の時代の舞台をどこまで表現できるかでしたが、忠臣蔵や時代劇に詳しくない自分でも分かりやすく説明がなされていて、また現代には馴染みがない語句を使用してのテキストなどの演出面でもその時代の雰囲気にのめり込むことができて良かったです。
主人公視点の忠臣蔵についての理解度と実際の忠臣蔵の差があり、その裏の部分のドラマ性が上手く説明されていてプレイする側にも理解がしやすく出来ていたと思います。
また、所々にサブキャラ達のちょっとした小ネタ(将軍様の犬オナニーやパロディーネタなど)があるのもずっと緊迫した状況じゃなくストーリーをダラけさせない演出もあったのも良かったですね。
そしてなんといってもこのゲームは戦闘シーンが熱くて素晴らしかった。
戦闘時のエフェクトカットやBGMまた各キャラの心境などで盛り上げてくれていて、そして主人公がそこまで強すぎるわけでも無くかといって弱いというわけでも無い上手くバランスが取れていたと思います。仇討ちの序盤の場面でも主人公が目立つわけでもなくあくまでも藩士の一個人として戦っていたのも良かったですね。
全体の感想としてはこの忠臣蔵を知らない自分でもメーカーさんの細かい配慮のおかげで物語に興味がでてきてテンポが良くサクサクと進んでいったので、自分のような忠臣蔵を全く知らない方がプレイしても十分楽しめる作品でオススメできると思った。

・キャラ
大石内蔵助(CV:有栖川みや美)

2013y04m23d_161553887.jpg


まず始めに上記にも書いたように私は有栖川みや美さんの大ファンなので少し贔屓目になってしまうかもしれませんが、有栖川みや美さんが出演していた作品を数多くプレイしてきましたが今回の大石内蔵助の演技が今まで出演していきた作品と比べて気合が違うなというのが伝わってきてすごく上手いなという印象で、やはり時代劇が大好きな血がたぎるのかな?と思っちゃいました。また、大石内蔵助という人物の印象や心境も上手く表現されあそこまで同じキャラで声を使い分けるのは正直感動しました。
大石内蔵助というキャラの印象はお家再建の望みと仇討や他の藩士に対する悩みとの葛藤の心境が物語を進むうちに分かり、また主人公や家族の主税にだけに見せる人間らしい弱さを見せて甘えてくる部分などが丁寧に書かれていて共感してしまいました。
ですが主人公に対する心境の変化や恋に変わっていく所などをもう少し時間をかけて丁寧に分かりやすく書いてくれると良かったかなと思います。

堀部安兵衛(CV:桐谷華)

2013y04m23d_164054996.jpg


桐谷華さんが出演しているゲームを何作品かプレイしていましたが、今回の安兵衛は凛々しくて格好良い演技が上手く表現できていてとても良かったです。
キャラ感想としては主君を守れなかった後悔とそのために仇討ちをしたいが出来ない葛藤という心境がよく伝わってきて、戦闘を交えての主人公に対する評価やご城代に対する考え方の変化も丁寧に表現されていたと思います。
また、仇討ちでの戦闘シーンでも藩士の中で先頭を切って突き進み安兵衛が助けに入るシーンなど良かったです。特に清水一学との戦闘シーンでは、思わずプレイしている側がテキストを進めていくうちに熱くなってしまい感情移入がしやすかったですね。
第2章では安兵衛を中心とした話になると予想しているので楽しみにしています。

大石主税(CV:ひなき藍)

201303171429044eb.jpg


彼女はある意味もう1人の主人公という位置付けでプレイしていました。
まずひなき藍さんのちょっとしたツンデレ演技もさることながら主人公やご城代に対しての優しさに対するセリフ一言、一言の演技が非常に上手だなという印象でした。
特にご城代を迎えに行けず主人公に頼む時に「母上の遊んでいる姿を見ても軽蔑しないでくれな?」というセリフが主税としては尊敬する母上の惨めな姿を晒してしまう悔しさと恥ずかしさという気持ちがでていて考えさせられました。
キャラの印象としては自分の立ち位置を十分理解した上で主人公と共に成長をしていき、苦しんでいる母のために自分がなすべきことを考え行動しているなという印象でしたね。
ただ体験版の戦闘シーンなどでは目立つことが無かったので、その辺については第2章以降の話の中心になった時に期待しています。

2013y04m23d_161626526.jpg


全体的なキャラの感想としては、藩士達や敵もどのキャラも個性的で自分というものが持っているなと思いました。
ドラマ性も十分にありご城代と藩士達の意見の食い違いによるやり取りなど色々と考えさせられました。
特にロリ好きな自分としては右衛門七が可愛くてかなり好きなキャラですね。
たぶん右衛門七は第2章以降の話の中心になるヒロインだと思うので右衛門七を交えてどんな話になっていくのかも楽しみの1つにしています。


・システム

2013y04m23d_161255283.jpg


このゲームは何と言っても人物録のシステムが忠臣蔵を全く知らない人からすれば非常に助かりました。
やはりキャラの数が多いので名前だけだとどういう人物なのかというのもすぐ忘れてしまうので、簡単に調べることができて本当に良かったです。
CONFIGも右クリックですぐに表示できますし、ウィンドウサイズや各種設定も細かく変更できるので助かります。
セーブスロットは全部で100箇所以上にセーブ可能で充分ですし、スキップもテキストを進むのが思ったより速かったという印象でした。


・音楽




やはり時代にあった和風っぽいBGMが多くこれも物語に雰囲気を壊さずイメージにピッタリな選曲だったと思います。
仇討ちシーンでのBGMはそこまでアップテンポではなく静かな選曲で物語の戦闘を邪魔しなかったのが非常に好感を持てました。
そしてクライマックスに近づきにつれてBGMに変化していき最後の吉良との戦闘シーンでは静かなBGMからの挿入歌で戦闘の場を最大限に盛り上げてくれました。
またOPがどちらもアップテンポでカッコよく熱くさせてくれて大好きです。


・最後に・・・

2013y04m23d_164123825.jpg


体験版だとは思えないボリュームで大変満足な作品でした。
本当に製品版だとどこまでもボリュームなのか想像できないぐらいです(笑)
またやはりこの作品をプレイしての一番の感想としては、忠臣蔵を知らない自分でも時間を忘れるぐらい楽しくサクサクとテンポ良くプレイできその時代にのめり込むことができたことです。
体験版の第1章では伏線が色々とはられていたので製品版で進めるうちにどのようにしてその伏線を回収してくれるかも期待してます。
そして有栖川みや美さんの演技が本当に素晴らしすぎて早く製品版でまた内蔵助に会いたいですね。
それではスタッフの皆さんChuSingura 46+1 -忠臣蔵46+1-の発売を非常に楽しみにしていますので制作を頑張ってください応援しています。




・・・以上ですw
ここまで読んでくださった皆さんありがとうございます。

タイムスリップしたら忠臣蔵の赤穂藩士達が女体化しているというありきたりな設定ですが、シナリオと戦闘はかなり面白いです。
また各キャラの声優陣もかなり多く豪華で演技がとても良かったですね(≧∇≦)/

下手すれば5月の中で一番の期待作と言っても過言じゃないかもです・・・w

もし気になる人は試しに体験版をやってみて下さい!ショートバージョンもあるのでやってみて損はないと思いますよ。


ではまたまた|彡サッ


スポンサーサイト
72:

たぬたぬさんの文章力に涙(´;ω;`)

あ、もちろん良い意味でですよww

体験版で10時間って凄いボリュームですね( ´ ▽ ` )

2013.04.23 17:38 ひるねこ #- URL[EDIT]
73:

※72:ひるねこさん
いやぁ・・・マジで文才無いので読みにくい文章でスミマセン 汗

体験版の1章だけで10時間だから総プレイ時間はたぶん50時間超えるかもしれないですね・・・
でもみやびん出るから買うのは決定しましたw

2013.04.24 22:21 たぬたぬ #- URL[EDIT]
74:

※73:たぬたぬさん
い、1章で10時間・・・w

来月はあいこみゅがあるのでちとキツいけど
再来月にでも買おうかな(*´ω`*)

2013.04.29 21:27 ひるねこ #- URL[EDIT]
75:

※74:ひるねこさん
あいこみゅはあの初回特典の直筆イラストがちょっと気になって買おうか悩んでいるんですよね・・・w

とりあえず今のところはChuSingura 46+1とレミニセンスは予約しましたw

2013.04.30 12:55 たぬたぬ #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。