スポンサー広告 > 『ハローレディ』 体験版感想
レビュー > 『ハローレディ』 体験版感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハローレディ』 体験版感想

SnapCrab_NoName_2014-2-13_21-49-58_No-00.jpg

どうもちっぱい!←しつこい挨拶

今回暁WORKSさんから3月25日発売の『ハローレディ』の体験版レビューキャンペーンに応募したのでその内容を少しだけ紹介したいと思います。






『ハローレディ』の体験版をプレイしました。
暁WORKSさんの作品をプレイするのは『るいは智を呼ぶ』以来かなりの久しぶりとなりましたが、
最後まで楽しく体験版をプレイすることができました。ちなみにプレイ時間は5時間くらいでした。



暁WORKS=学園モノというイメージは今まであまり無かったのですが、
やはりこの『ハローレディ』でも普通の学園モノでは無い展開が数多くありました。
まずは舞台となる学園、このスクールと呼ばれる学園では“ハロー“という特殊な能力を持ち尚且つ正しく機能している学生のみが在籍できます。
そして、そのハローの能力値が最も高いのを”エトワール”と呼ばれ主人公とヒロインはそのエトワール部類に入ります。
またそのエトワールは”クラウン”という学園の規律を正す普通の学園で言う生徒会のような役割を担って、ヒロインと主人公はそんな学園を中心となる舞台で物語を進んでいきます。
しかし普通の学園モノより黒い部分が目立ち裏で動いている模写が多く伏線を張られています。
個人的にこの『ハローレディ』に注目したのはその日常と裏の部分の模写のバランスでした。


SnapCrab_NoName_2014-2-10_0-5-21_No-00.jpg



主人公の成田真理がすぐにヒロインの胸を揉むなど変態紳士なのに筋が通り自分というものを持っている憎めないキャラです。
また戦闘シーンではその能力を物語序盤で全く分からないというより能力を使わないでも敵を寄せ付けない強さを持つというのはすごく良かったです。
これが少しでも苦戦などをすると物語を進めるうちにその主人公の能力に疑問が生まれてきたりするためだからです。
そんな変態紳士ですが日常パートでも時折見せる過去や隠されている部分、スクールという学園の秩序を真っ向から考えるところに裏の部分が見え隠れします。
だからこそ物語の展開がパッ、パッと舞台が変わるのが分かり飽きさせない展開となっております。


SnapCrab_NoName_2014-2-13_21-26-23_No-00.jpg



ヒロインの感想ですが、まずスクールの頂点に君臨する音無朔から書いていきましょう。
このスクールの頂点ということはこのスクールが掲げる秩序を守るのが役目なため、その秩序に従わない成田真理とはやはり物語の序盤ではお互い能力を知らないためある意味敵対関係という部分があります。
それなのに2人のやり取りのテンポがどちらかと言うとツンデレの幼馴染の立ち位置に似ています。
物語を進んでいくに連れて主人公のことが楽しみな存在となっているという心境の変化がありましたが体験版ではそこで終了していますね。
おっぱいが大きいのは正義です。

次に桂木空子ですが、物語序盤から主人公に近づき他のヒロインよりは好感を持っていた印象がありました。
優しい部分の模写があり特に主人公に恋をして他のヒロインと仲良くしているのを嫉妬している自分の気持ちが不安になっているのを表しているところなど良かったです。あとはエル関係での暴走も多いです。
ハローが相手の心の傷を見えるというものですが、このハローが個人的には物語を進めていくうちに重要なキーとなっていくのではと予想しています。
あと終盤には過去に主人公と何らかの関係があったとも取れる部分もありましたがこれも謎のまま終了しています。
意外と大きい生乳でした、とても良かったです。

赤人珠緒です。
ツンデレです。エルちゃんに言わせれば噛ませ犬です。パワーキャラです。ヤンキー少女ですがちゃっかり主人公から見たら後輩です。
体験版でデレなかったのが良かったです、たぶん本編では凄まじい勢いでデレるのではないかなと思います。
ツンデレ噛ませ犬は爆発すると強い、大器晩成型。

最後に鷹崎エルちゃんです。
物語序盤から独特の存在感を醸しだしていましたが本編まで我慢できず、体験版中盤で主役を奪ってしまいました。
毒舌系オタク妹ヒロインですね。サブカルチャーに対する暴走は面白かったです。
主人公の過去に関わる少女と似ているという模写がありましたが体験版では詳しいことは分かりませんでした。
意外とクラウンのメンバー思いで特に朔に対する尊敬は凄まじいものです。
桜坂かいさんの「うごおごごおごごごごおごごおごごおごご」演技は一聞の価値あり。


SnapCrab_NoName_2014-2-13_23-9-59_No-00.jpg



システム面というか選択肢のおっぱいを揉むが面白すぎて笑いました。
結局揉むのかよと思わず画面に向かってツッコミを入れちゃいました。
セーブのスロット数も十分にあり前の選択肢と次の選択肢にスキップできるはいいですね。
コンフィグも細かいところも調整できるので個人的には文句なしです。
あとBGMの曲名がメッセージウィンドウの下に表示してあるのも良かったと思います。

そのBGMですがシーンごとに合った曲ばかりで違和感なく良かったです。
OP曲やアップテンポな曲調ですが挿入歌が少し寂しい曲調であのタイミングで流れると色々と考えさせてもらいました。
挿入歌ムービーの最後の部分だけアニメーションというのも主人公の感情が上手く表されていたのでは無いかなと思います。

SnapCrab_NoName_2014-2-13_23-19-11_No-00.jpg



体験版だとは思えないボリュームで大変満足な作品でした。
本当に製品版だとどこまでのボリュームなのか想像できないくらいです。
伏線を十分に盛り込んでいて、やはり普通の学園モノでは終わらない展開になっていくと予想しています。
個人的にはこのシリアスなドラマをどのように締めるのか気になって楽しみにしているので期待したいと思います。


SnapCrab_NoName_2014-2-10_0-6-14_No-00.jpg
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。